07a01688ff9a171201e8b4781f42b96b_s

 

 

 

 

皆さま、おはようございます。

今日は若干ひんやりしている大阪です。

今週末は、寒の戻りがだそうでして

体調管理に気を付けないといけませんね。

今日もがんばります!!!

 

さて、今日のテーマは

「1円を笑うものは1円に泣く!!!」

です。

 

先日、とあるお客さまと

とあるお店で打合せをしておりました。

 

そこの店員さんは

私も知っている方だったので

お客さまもご紹介させて頂きました。

 

そんな中、店員さんが

なかなか貯金ができないという悩みがあるようで

お客さまもアドバイスをされていました。

 

すると

「1円単位で考えることができているか?」

と聞かれ

店員さんは

「ざっくりとしかわかっていないです・・・」

と回答されました。

 

お客さまいわく

ケチになることではなく

どんなものに、どのくらいお金がかかっているのかを把握したうえで

その金額が妥当なのかがわかる・・・

とのことでした。

 

おっしゃるとおりですね。

1円単位で把握するのは難しいかもしれませんが

どんなものにどのくらいのコストがかかっているのかを

知っておく必要はあります。

 

仕事でも、働き方改革をしようと思ったら

仕事量を減らすのか

人を増やすのか

生産性をあげるのか

が考えられます。

 

仕事量を減らすとは

売上減少につながる可能性があるから難しい・・・

 

人を増やすとは

人件費増につながるから難しい・・・

 

とすると

生産性をあげるのが一番効果があるのでは・・・となります。

 

生産性をあげるためには

そもそも、今どんな仕事があり、

その仕事がそれぞれどれくらいの時間がかかり

どのくらの人が動いているのか

を把握しないといけません。

 

そのために仕事の棚卸が必要なのですね。

 

貯金するには

まずは何でお金を使っているか知ることから。

 

働き方改革では

まずはどんな仕事にどのくらいの時間がかかっているのか知ることから。

 

まずは知ることからなのですね!!!