cff3bf0e695990f625a0bd6ff256a7a6_s

 

 

 

 

 

皆さま、おはようございます。

今日は、木曜日の朝会に見学に行ってきました。

沢山の学びと刺激を頂きました。

今日もがんばります!!!

 

さて、今日のテーマは

「外人採用も検討の余地あり!!!」

です。

 

2016年10月末時点で

日本の外人労働者は

108万人だったそうです。

 

1番多いのが中国人で34万人。

その次に多いのがベトナム人。

 

前年同月比で6割増だそうで

17万人なんだそうです。

 

とある大手企業では

10年ほど前から中国人を中心に

技能実習生として受け入れを開始したそうでして

今はベトナム人にシフトしているようです。

 

ベトナム人の方は勤勉なのだそうです。

 

大手企業では

アジア系スタッフ採用のために

母国で研修施設を設けて、来日前から事前研修をしているところもあります。

 

人材の会社では

日本語だけでなく

アジア言語のサイトを開設しているところもあります。

 

今は

まだまだ日本の給与が高いので

多くのアジア系外国人が日本に来てくれています。

 

将来は

もしかしたら、アジア系の国々も給与が上がったら

わざわざ日本に来たいって思わなくなるかもしれません。

 

だからこそ

しっかり受け入れ体制を整え

助っ人ではなく、人材として働いてもらう仕組みを

設けていくことが必要なんだと、私は思います。

 

人手不足は

今後ますます続きます。

 

日本の方と外国の方が

理解しあえる環境を創ることが大切なことなのかもしれませんね!!!